ソフトバンクエアーとWiMAXのホームルーターはどっちがおすすめ?

未分類

「スマホのデータ通信量を気にせずにゲームや動画、映画を楽しみたい!」「自宅にインターネット回線を引きたい!」そんな方には「ホームルーター」をおすすめします。

コンセントにさすだけで使用できる工事不要のホームルーターは光回線と違って初期費用がとても安く、契約の手続きや機器の設定などが苦手な人でもカンタンにできることからとても人気があります!

それでいてオンラインゲームやYouTubeの高画質動画も快適に見られる通信速度があります。

新生活を迎える時期となりネット回線を何にしようか迷っている方、ネット回線の見直しを検討している方も多いかと思います。

今回は大人気のホームルーター「ソフトバンクエアー」と2019年1月に発売されたばかりの「WiMAX HOME L02」を紹介していきます。

2社の特徴やスペックなど比較していきますので、気になっていた方は是非参考にしてください。

ソフトバンクエアーとWiMAXのスペック比較

まず、スペックの大きな違いをあげると

  • 通信速度
  • 最大同時接続台数
  • 通信速度制限

になります。では順番にみていきましょう。

通信速度の比較

まず、通信速度はソフトバンクエアーが「最大350Mbps」で、WiMAXのHOME L02は「最大1Gbps」と光回線なみの高速回線になります。

固定回線と変わらない1Gbpsの通信速度はとても魅力的ですが、ソフトバンクエアーもYouTubeや映画鑑賞などは快適に見られる通信速度なので、容量の大きいファイルのアップロードやダウンロードを頻繁におこなう方以外はどちらもおすすめといえます。

同時接続台数の比較

続いてソフトバンクエアーが「64台」、WiMAXのHOME L02が「約40台」同時接続が可能になっていますが、この表示されている台数を接続することはできても利用することは難しいでしょう。

ホームルーターといえど、複数台接続すると回線が混雑し動作が遅くなるので20台以上繋げると通信速度が遅くなったり接続が切れることもあります。

一般的には多くても接続台数は10台ぐらいかと思いますので、上記のような問題は起こりづらいかと思います。

通信速度制限の比較

最後に速度制限の比較ですが、WiMAXの場合3日で10GBを超えると1Mbpsまで速度制限されます。

1Mbpsがどれぐらいの通信速度かというとYouTubeで例えた場合、360p(普通画質)ぐらいの動画が視聴できるレベルの速度になります。

1Mbpsで高画質な動画や映画鑑賞をすると観ている最中に止まったりする可能性があります。

一方のソフトバンクエアーは、利用者が集中する時間帯(夜間など)は速度制限がかかり通信速度が低下することがあります。これはソフトバンクが、利用の集中する時間帯(夜間など)により多くの方に安定したサービスを提供するために速度制限を設けているためです。

元々夜間は利用者が増えるため、ネット回線は18時~深夜0時あたりが特に混雑する時間帯といわれます。ソフトバンクエアーに限らず同じエリア内でネット回線の利用者が増えれば増えるほど通信速度は混雑して低下する場合もあります。

提供エリアと料金で比較

ソフトバンクエアーの提供エリアは全国主要都市で順次エリアも拡大予定で、WiMAXのHOME L02は販売して間もないことから東京都・埼玉県の一部のみ提供となっています。

WiMAXのHOME L02もエリア拡大予定とのことですが、全国的に利用できるようになるのはまだまだ先になるのではないでしょうか。

ソフトバンクエアーの利用者が多い理由の1つとして挙げられるのはこの提供エリアの差とも言えますね。

続いて料金ですが、分かりやすく表にしてみました。

ソフトバンクエアーの料金 WiMAX HOME L02の料金
事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 1~24ヶ月目:3,800円
25ヶ月目以降:4,880円
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円~
※プロバイダによって異なります。

2社それぞれの月額料金を比較するとWiMAXの方が少し料金が安めになりますね。

ソフトバンクエアーも光回線や他のモバイルWi-Fiルーターと比べると安めの料金設定ですが、「コスト重視」で選ばれるならWiMAXの方が良いかもしれません。

一点注意しておきたいのは、WiMAXはプロバイダによって月額料金が大きく変わってきますので、料金優先でプロバイダを選ぶ際は最安値のプロバイダを見つける必要があります。

また、本記事の最後にソフトバンクエアー、WiMAXのおすすめ申し込み窓口も紹介しますので是非ご覧ください。

WiMAXとソフトバンクエアーの評判

では、WiMAXとソフトバンクエアーを利用している人たちの評判や口コミはどちらがいいのでしょうか。

WiMAXのHOME L02に関しては発売して間もないのであまり口コミがありませんでしたが、どちらもおすすめという声が目立ちますね。

では、WiMAXとソフトバンクエアーを利用する上で特にどんな方におすすめか説明しますね。

ソフトバンクエアー、WiMAXはこんな方におすすめ

ソフトバンクエアーの利用がおすすめな人

  • 通信量を気にせず利用したい方
  • 工事せずカンタンにインターネットを利用したい方
  • ソフトバンクのスマホや携帯を利用されている方

ソフトバンクエアーでは夜間に速度制限が設けられるものの、基本使い放題なので通信量を気にする必要もありません。

またソフトバンクのスマホや携帯を利用されている方はセット割の「おうち割 光セット」を利用すると毎月最大1,000円の割引を受けられるお得なサービスになります。

最大10回線まで適用可能なので家族での利用だと更にお得になるのでとてもおすすめです!

WiMAX HOME L02の利用がおすすめな人

  • 光回線とほぼ同じの高速通信を利用したい方
  • 工事せずカンタンにインターネットを利用したい方
  • auのスマホや携帯を利用されている方

最大通信速度が1Gbpsで光回線と変わらない速度で利用できるWiMAXのHOME L02。

WiMAXが提供しているホームルーターの中では一番おすすめですが、提供エリアが東京都と埼玉県の一部のみとなるので利用できる方は限られますが、エリア内の方は是非こちらをおすすめします。

また、auスマホや携帯を利用されている方はセット割の「auスマートバリュー」を適用することで毎月最大2,000円もの割引を受けられ、最大10回線まで適用可能できます!

ソフトバンクエアーとWiMAXのおすすめ申し込み窓口

では前述したようにおすすめの申し込み窓口を紹介しますので、ソフトバンクエアーとWiMAXを検討中の方は是非参考にしてください。

ソフトバンクエアー おすすめの窓口1


こちらの代理店ではオプション加入不要で34,000円の高額キャッシュバックを実施しています。

そのほかにも豪華商品があり商品特典がとても充実しているのが特徴で、キャッシュバックのお届け時期が最短2ヵ月、豪華商品が最短3週間とお届け時期がはやいのもおすすめポイントです!

ソフトバンクエアー おすすめの窓口2


こちらの代理店ではオプション加入不要で33,000円の高額キャッシュバックを実施しています。

お届けも最短2ヵ月と早く、何よりキャッシュバックの申請方法が申し込み時にWEB、または電話でキャッシュバックの振込み先銀行口座を伝えるだけでできるのでカンタンにできます!

キャッシュバックの申請方法がわかりづらいところもあるので、カンタンに安心して申請できるのは魅力的ではないでしょうか。

WiMAX おすすめの窓口1

こちらの代理店では端末代、専用クレードル、送料が無料に加えて最大32,000円の高額キャッシュバック!

本記事で紹介したWiMAXの最新端末HOME L02以外の端末も取り扱っているので、WiMAXの代理店ならキャッシュバック額も高い「GMO とくとくBB」が一番おすすめです!